気軽に始める園芸で生活に華やぎを

ペットボトル活用の園芸は生活環境に適応させやすく便利

普段の生活環境を圧迫することなく、自由気ままに園芸を楽しみたい場合には、ペットボトルの活用方法がオススメです。空になったペットボトルを使用します。ペットボトルは水道水で洗浄してから使用します。もともと入っていた飲み物の成分によっては、水道水で洗浄しておかないとカビが発生する要因になってしまう場合もあるのです。ペットボトルを利用した植物栽培は、基本的に水が溜まり続けるタイプですから、最初に洗浄しておくのが理想的なのです。空になったペットボトルを洗浄して、カッターナイフで、先端のほうの尖った部分と、下のほうの筒状の部分とに切り分けます。下のほうの筒状の部分は、好みの長さで決めて構いません。500ミリリットルのペットボトルでも、2リットルペットボトルでも、大丈夫です。

空のペットボトルを利用して園芸を楽しむメリットは、鉢やプランター代の費用が掛からないことと、土や水がこぼれにくいことです。観葉植物の鉢植えやプランターが生活環境の中に存在していると、掃除機を使用するときに邪魔に思えてしまったり、水遣りの加減を間違えてしまうと受け皿から水が溢れてしまったというトラブルや、運搬時に土をこぼしてしまった後の掃除が大変になってしまったりします。しかしペットボトルを利用すると、持ち運びが容易ですし、水も土もこぼれませんし、自由自在に置き場所を変えられるのです。部屋掃除の時には簡単に別の場所に移動しておけるので邪魔に感じずに済みます。
 比べてお得!

Copyright (C)2019気軽に始める園芸で生活に華やぎを.All rights reserved.