気軽に始める園芸で生活に華やぎを

簡単に生活に潤いを与えられる園芸としてキッチン菜園を楽しむ

家庭菜園を楽しみながらの生活は、観葉植物が好きな人にもオススメです。アパートやマンションに限らず、一戸建て住宅でも庭に余裕のあるスペースを確保できない場合は少なくないと思います。屋外にプランターや鉢植えを設置するだけのスペースの余裕がない場合には、キッチン菜園という楽しみ方があります。文字通りにキッチンで菜園を楽しむというものです。具体的に言うと、プランターや鉢を用いるのではなく、空き瓶や空きカップなどを用いて、ちょっとした野菜栽培をしようというものです。食材として利用している野菜の根っこの方だけを残しておいて、空きカップに入れておくだけで楽しめます。水は水道水で大丈夫ですが、できるだけ毎日、交換するのが良いでしょう。水道水に含まれている塩素が殺菌成分の役割を果たすので、発根し、葉も出てきます。小さなハエなどの虫が湧くのが心配な人は、園芸用に販売されている有機栽培用の忌避剤を薄めて使用すると良いでしょう。

キッチン菜園は、日常生活の中に、さりげなく溶け込めるミニ菜園です。しかも、空きカップを利用するだけですからコストも、ほとんど掛かりません。ヨーグルトの空きカップ、プリンの空きカップ、などを利用できます。ペットボトルの利用も良いでしょう。栄養ドリンクなどの小さな瓶ならば場所も取りませんので邪魔にならずに済みます。オリーブオイルの入っていた空き瓶を、軽く漱いでから使用するのもお洒落です。いつもなら捨てている野菜の切れ端を利用しますので、成長すれば安心して食材として活用することもできます。しかし目の保養効果としての緑として楽しむだけでも良いと思います。土のない場所でも、園芸を楽しむことは可能なのです。
 比べてお得!

Copyright (C)2019気軽に始める園芸で生活に華やぎを.All rights reserved.